チェコの情報

チェコの情報

Ahoj (アホイ):もう100年以上最も使われてるチェコのあいさつ  [UA-101945528-1]

(M.Forman,M.フォルマン監督ブラック・ピーター, Cerny Petr映画より])

共産主義のときにアホイ・ナ・ソボテュ(土曜日にアホイ)の週刊誌もあった。

 

東京の日・チェコ友好協会の月報もアホイでした。

19世紀の時に大人気あいさつはNazdar(ナズダル)でした。それは全国民は国民劇場の建設のために金を集めてた(最後の足りないバラーンスはフランツ・ヨセフ一世を寄付した、でもそれは多くのチェコ人はあまり聞きたくない又は知らない^-^)時にNa zdar Národního divadla!(ナ・ズダル・ナーロドニーホ・ディヴァドラ,国民劇場の成功のため)とよく使われました。あとはただのNazdar、ナズダルになりました。今まで使われてます。アホイ、アホヤ、アホイキ、アホイダなど。
でも前世紀の初めごろからチェコtramping(トランピング、アウトドアー、ハイキング)は盛んでした(今でも)。それはドイツのK.マイの影響も有りました、30年代からは例えばチェコJ.Foglar(J.フォグラル)の本も大人気でした。アホイはあいさつとして特にトランピングの方々の中に始まりました。元々アホイはイギリスの船乗りのあいさつ(Ad honorem Jesus、アド・ホノレム・イェス、クリスト様万歳)でした。

トランピングの曲チェコ音楽の一つの特別な世界、今までも。




トランピングの人気エリアは沢山ありました、プラハの近くにも、http://toselmy1.sweb.cz/trampove/index.htm中央ボヘミア]など。

トランピング博物館
トランピング情報



[

プラハにある民族博物館チェコトランピングの面白い展示会を楽しめる。この博物館は観光業に忘れてると思います。だからゆっくり見学できる。人は少ない。19世紀のチェコ田舎のファション、日常生活のもの、イベントなどは案内されてます。