チェコの情報

チェコの情報

ヤクブ・ヤン・リバ(Jakub Jan Ryba) | チェコのクリスマスのミサ   [UA-125732310-1]


ヤクブ・ヤン・リバ(Jakub Jan Ryba)

ヤクブ・ヤン・リバはチェコの作曲家、作家、歌人、教師でし た。ボヘミアでも外国でも、彼の「チェコのクリスマスのミ サ」という曲のおかげで有名になりました。面白いのは彼自身 はこの曲を高く評価しませんでした。

彼は1765年の10月26日、プジェシチツェ(Přeštice)に生まれまし た。ヤクブ・ヤン・リバのお父さんはオルガン奏者兼作曲家で したので、彼は小さい子供から音楽に興味がありました。プラ ハでは、ギムナジウムを卒業できなかったため、教師のコース に進みました。そのあと、ロジュミタ一ル・ポッド・トシェムシネム(Rožmitál pod Tremsinem)に移動し ました。1788年から1815にかけて学校の校長をしていました。 彼はその間に1000曲以上の曲を作曲しました。あいにく、ヤクブ・ヤン ・リバの作品の大部分は損傷していました。

1815年に健康状態や人間関係に関する問題のため、自殺してしまいました。

チェコのクリスマスのミサ


ヤクブ・ヤン・リバによって作られた曲「チェコのクリスマスのミサ」はチェコのクリスマ スの伝統的な象徴になりました。クリスマスの時にその曲が教会でよく演奏されています。 チェコのクリスマスのミサ、つまり「Rybovka」(リボフカ)あるいは「Hej, pane mistře!」、は1796年(日本:1797年(寛政9年) 昌平坂学問所(聖堂)を官学校とする)に作られました。現代まで原本の楽譜は現存しなくてしまいました。

今の演奏された曲は古い筆記本で作られていました。オーケストラは合唱隊やフルートやク ラリネットやフレンチ・ホルンやトランペットやトランペットやオルガンやダブル・ベース やケトルドラムからできます。

ミサの部分

チェコのクリスマスのミサはラテンのミスのように作られていましたが、ヤクブ・ヤン・リバはキリストの誕生に関する物語をボヘミアの背景に位置していました。 作曲家は結果的にキリストの誕生のうれしい囲気について多くの人々に知らせていました。

Kyrie(キリエ)

キリエはミサの最初の部分です。この部分では、若い羊飼いは年寄りの羊飼いを起こして、 非常な事象について教えています。


Gloria(グロリア)


二番目の部分はキリストの誕生の聖歌です。天使はこのうれしいことについて歌っていて、 年寄りの羊飼いは他の人々を起こしています。

Graduale(グラデュアーレ)

羊飼いたちは色々な人々を呼び集めます。ヤクブ・ヤン・リバはその部分に古いボヘミアの村 の名前を使いました。

Credo(クレド)

旅行の準備がクライマックスに至りました。皆は付け届けについて話しています。

Offertorium (オッフェルトリウム)

皆はベスレヘムに、つまりキリストの生誕の場所、着きましたあとで、クリストの赤ちゃん にプレゼントをあげて、一緒に歌を歌います。

Sanctus(サンクトゥス)

サンクットスはミサの最も短い部分です。天使は聖歌を歌います。

Benedictus(ベネディクトゥス)

皆は救済者の誕生を喜んでいます。小さいクリストの恵みを望んでいます。

Agnus Dei(アニュス・デイ)

羊飼いは天の赤ちゃんに別れの挨拶をします。

Communio(コムニオ)

ミサの終わりです。皆は神を祝います。



2015年プラハクリスマスミサ教会集DVD/CDも有り。