チェコの情報

チェコの情報

フォイエルシュタインと日本との関係等を暴くお薦めの一冊本のプレゼンテーション [UA-101945528-1]

チェコの建築家・舞台美術家として知られるベドジヒ・フォイエルシュタイン(1892〜1936)はカレル・チャペック作『人造人間』(RUR、1920)の舞台美術を担当しただけでなく、大正・昭和初期の日本で活躍したチェコの建築家としても有名です。アントニン・レーモンド設計事務所に所属し、東京は築地の聖路加病院など、たくさんの建物を作ってきました。ヘレナ・チャプコヴァー博士による、フォイエルシュタインと日本との関係等を暴くお薦めの一冊です。日本語によるレジメあり。プレゼンテーションは国民美術館ヴェレトルジュzニー・パラーツカフェ・イェドナで行われました。








ベドジフ・フォイエルシュタイン(Bedrich FEUERSTEIN)ーチェコの建築家 1926-30年東京で。。。

チェコテレビドキュメンタリー